Feeling Ski Schoolの特徴

イメージ無線ビデオ
FSS 特徴1FSS 特徴2FSS 特徴3
フォームにこだわらず、イメージを活用することで上達を手助けします! 無線による滑走中のアドバイスにより効率的なレッスンを展開します! 自分の滑りを客観的に見ることで、効果を確認できます!

初めに...

“Feeling Ski School”は,“フィーリングスキー”という言葉がキーワードです。“フィーリングスキー”=「感じるスキー」をテーマとし,形やフォームを強要するのではなく,“受講生各自の個性を生かした豊かな滑り”を希求したレッスンを展開する...というのがスクールの特徴です。

その方法として,いろいろなイメージを皆さんにお話しいたします。そのイメージが皆さんの潜在能力を刺激し,身体がいきいきと活性化されて来ます。そして,ご自分の身体に内在的に持っていた能力が徐々に開花されて行きます。結果的に“各自の個性を生かした豊かな滑り”が顕れて参ります。そして,レッスンの最中に,ご自分の身体の感性の鋭さにびっくりしたり,感受性の豊かさに感動することもあるでしょう。このような考え方に立ち,実践していくスキーこそ,まさに「生涯スポーツとして位置づけられる“スキー”」...そう考えております。

この「イメージを大事にしたレッスン方法」は, Feeling Ski School の設立者である“TOK”が,40年にわたるスキー教師生活において、その効果のほどを試し,皆様から多くの評価を受けたものです。また、野麦峠スキー場における2年間の活動の中でも皆様より支持を頂いています。

わたし達は,生徒さんは「素晴らしい潜在能力を持った“原石”」だと思っております。そして,私たち教師がすべきことは,その“原石”をいかに磨いて差し上げ,皆さんに輝いていただけるか?...ということだと思います。そういう意味で,私たち教師は皆さんの“磨き砂”だと思っております。

また,皆さんが一方的に教わる...ということではなく,皆様にいろいろなことに“気付いて”いただき,自らの力でご自身を磨いて行くことができるよう...そのためのお手伝いすることだとも思っております。そうすれば,みなさんご自身の力で,スキーライフをより一層豊かにしていくことができるようになる...そう信じております。

このページのトップに戻る

どういう方を対象としたレッスンをするか?

  1. 生涯スポーツとしての“スキー”を学びたい方
  2. フォームや運動にとらわれない,各自の個性を重視した滑りを望む方
  3. 新雪,深雪など大自然の中を自在に滑ることを望む方
  4. シニアの方,女性の方など...体力的に恵まれない方

このページのトップに戻る

どのようなレッスンをするか?

  1. 形やフォームではなく,実際の斜面で実用的に使える技術や方法を学ぶレッスン
  2. 受講生各自の身体的特徴や運動履歴が生かされるようなレッスン
  3. イメージやスキーヤーの意識に注目したレッスン
  4. “フィーリングスキー”を通し,身体の感性を磨き,感受性を高めるレッスン
  5. シニアの方,女性の方,など体力的にそれほど恵まれない方々のレッスン。
  6. これまでスキーを中断していたけれど再開したい...というような方に適したレッスン。

このページのトップに戻る

皆さんから寄せられたご質問など

質問回答
Q1 “フィーリングスキー”ってどういうスキーですか? 普通のスキーとは違うんですか? スキー用具を使ってスキーを楽しむのは同じです。ただ上達したり,楽しむ方法が他と異なって居ます。
  1. 「姿かたち・運動」を重要視しません。
  2. ああしなくちゃ...こうしなければ...といった感覚でのスキーからサヨナラ...です。
  3. あるイメージを持って滑ります。
Q2 “フィーリングスキー”では,どんなスタイルのレッスンをするんでか?
  1. 「ひざを曲げて...」とか「エッジを立てて...」というような指導はほとんどありません。
  2. 「足裏にオレンジをイメージして...」とか,「雪の上を滑る板の摩擦音を聞くようにして...」というようにイメージやフィーリングを大切にします。
  3. 無線(トランシーバー)を使い,滑走中やリフト上でもレッスンします。
Q3 “フィーリングスキー”は,特徴的な効果...みたいなものがあるんですか?
  1. 身体が活きいきし,疲れが少ないです。
  2. シニアの方や体力に恵まれない女性の方に最適です。
  3. 雪の自然と会話している様なたのしみが味わえます。
  4. 知らなかった自分の潜在的能力に気付き,ビックリします。
  5. 整地だけでなく,イロイロな斜面が楽しめるようになります。
Q4 “フィーリングスキー”は,どういう方に向いているんですか?
  1. これまで他のレッスンを受けたけれど,シックリこない方。
  2. スキーを一時中止していたが,また始めたい方。
  3. シニアの方や体力に恵まれない女性の方。
  4. オフピステなどを自在に滑りたい方。
Q5 レッスン方式の特徴は?
  1. イメージ方式を多用するため、受講者自身が滑って試して...となりますので、滑走量が多くなります。
  2. 無線(トランシーバー)を使い,滑走中もアドバイスでき,効率的です。
  3. 雪の自然と会話している様なたのしみが味わえます。
  4. オプションにてビデオ撮影も可能です。編集してお分けいたしますので,その時々のレッスンが思い出せ,自分で復習できます。
Q6 “フィーリングスキー”でどうなったとか...実例があるんですか? Feeling Ski Schoolの前代表である"TOK"が生前毎日書いていました「教師日記」にたくさん載っていますのでご覧下さい。
特に New Zealand のCoronet Peakで行なった三年間にわたる指導日記.. 2007/6-9月 と 2008/6-9月....2009/6-9月...これをご覧いただければ“フィーリングスキー”の概要がつかめると思います。

"TOK"亡き後も、Feeling Ski School のインストラクターはこの方法を受け継いでいますので,その手法は同じです。

このページのトップに戻る